会長あいさつ

日本クリーニング用洗剤同業会会長よりごあいさつ



 2018年1月25日(木)宮崎県宮崎市にて第45期定時総会開催、役員改選が行われ引き続き会長としてご指名賜りました。本年で第45期を迎え、ゲンブ株式会社として長きに渡りご指名賜り、会員12社様のご期待や業界発展へ満足いくお応え出来ていなく大変恐縮致しております。

 一般ホームクリーニング需要は1992年のピークから半減となり、衣料の変化やクリーニング店様後継者問題などで未だ廃業が続き、平成29年3月末現在クリーニング施設総数も10万施設を割り込み97,776施設と10万施設を下回るのは昭和50年以来41年ぶりとなっています。  

 当会としても業界挙げての需要の掘り起こしや啓発活動に少しでもお役にたてるよう、新たなW表示衣料、ウエットクリーニングの洗浄方式、洗浄剤の開発も合わせて取組んでいます。

 一方テキスタイルリネンサプライは外国人旅行客の増加、昨年は2,400万人と多くの国々から来日があり、2020年東京オリンピック、パラリンピック開催へ向け今後も増加傾向が期待されホテルの高稼働率によりリネン品の交換頻度も増え、また民泊の増加などでリネン業者様も人手不足を抱え、益々生産性の向上へ省人化、省力化へ取組みに当会としても洗浄方式、新洗浄剤の開発など同様取組んで参りたいと考えています。
  これからも消費者の皆様へ衛生的な品質実現で安心、安全をお届けすることに環境保全の推進や品質向上を目指して会員一同、鋭意努力致す所存です。
  その中で会長として業界関係先様と様々な情報交換や技術交流を継続して実施をお願いして微力ながら当会、業界の発展向上へ努めてまいります。

 今後ともなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

日本クリーニング用洗剤同業会 会長 久保  章

Copyright(C) JAPAN CLEANING CHEMICALS ASSOSIATION All rights reserved.